ゆるゆるシンプルライフ

シンプルかつミニマルな暮らしを目指して試行錯誤中。夫とふたり暮らし。

スノーピークランドステーション京都嵐山に行ってみた!【GOTO京都旅行】

みなさん、こんにちは!なおです。

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします!


さて、今回のブログは、念願のGOTO京都旅行についてです。年末年始は中止となってしまったGOTOトラベルですが、わたしたちの京都旅行はギリギリセーフ。というわけで、1泊2日で京都旅行に行ってまいりました。今回は1日目の主な目的地であるスノーピーク ランドステーション 京都嵐山】についてのレポートです。

スノーピーク ランドステーション 京都嵐山 とは


f:id:naoppi33:20210102001254j:plain


ランドステーションの名前を冠する「スノーピークランドステーション白馬」「スノーピークランドステーション原宿」に次ぐ3店舗目となります。広々とした庭園を擁する歴史ある古民家をリノベーションし、店舗スペースとカフェスペース「Snow Peak Café」を展開いたします。また、着物専門店「やまと」のポップアップショップを併設。さらに、モバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」の宿泊プランや京都嵐山のおすすめスポットを巡る体験プラン「Snow Peak GO」をご用意し、その土地の文化や歴史、自然をお楽しみいただけます。

Snow Peak公式HPより
https://www.snowpeak.co.jp/news/p20200807-2/


今回訪問した主な目的は2つ。Snow Peak直営店を見ることと、Snow Peak Cafeでくつろぐことです。

着物レンタルやコラボアイテムの販売もある着物専門店「やまと」のポップアップショップ、宿泊が可能なモバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」も併設されています。


f:id:naoppi33:20210102001605j:plain


足を踏み入れてみると


アウトドアな雰囲気と日本の伝統的な建物の雰囲気が合わさって不思議な感じ。でも落ち着く。

f:id:naoppi33:20210102001841j:plain
早速アウトドア感
f:id:naoppi33:20210102001951j:plain
建物は京都!って感じ。おしゃれです
f:id:naoppi33:20210102001818j:plain
店内の様子


店内にはSnow Peakの商品が所狭しと並んでいます。写真でわかりづらいのですが、アパレル商品の品揃えが豊富。奥の方へは靴を脱いで上がっていくスタイル。

12月26日(土)に訪問しましたが、密にならない程度にお客さんがきているという印象でした。思ったほど混雑していませんでしたね(嵐山自体がすごく空いていました)

f:id:naoppi33:20210102002941j:plain
お手洗いも綺麗でした
f:id:naoppi33:20210102004230j:plain
天井には立派な梁が!


あらゆるところにSnow Peakの商品が使われていてセンスを感じますね。統一感って大切…。

Snow Peak Cafeでひと休み


Snow Peak Cafeでまったりするのも今回の目的のひとつ。実際に売られているテーブルやチェアの使い心地もわかります。アウトドアチェアを侮ることなかれ。めちゃめちゃくつろげます。

f:id:naoppi33:20210102003401j:plain
Snow Peakの製品に囲まれてコーヒータイム
f:id:naoppi33:20210102003637j:plain
マールブランシェのケーキをいただくことができます
f:id:naoppi33:20210102003720j:plain
抹茶とモンブラン


カップなんかもSnow Peakのもので提供されると思っていたのでちょっとがっかり。モンブランも包装のままでちょっと簡易的です(笑)コロナ対策なんでしょうか…スタンダードなんでしょうか。でも、味はおいしかったです。ドリンクもケーキも500円前後です。お酒の提供もありました。


カフェスペースに置いてあった焚き火台やチェア。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スノーピーク 焚き火テーブル ジカロテーブル ST-050 snow peak
価格:32780円(税込、送料別) (2021/1/2時点)





地味だけど、こういうのがほしいですね。アウトドアにも使えて、お家の中でも使えるというのが重要。これならコンパクトになるから登山にも◎



さいごに


京都旅行の最初の目的地がSnow Peakってどうなのよって感じですが、わたしたち夫婦は十分に楽しめました。アウトドア好きの方であれば、ギアやアパレルを見ているだけでも楽しめるのではないでしょうか。カフェでゆっくりするのであれば、1〜2時間程度滞在できると思います。


ちなみに、宿泊施設である住箱については、外から様子がわからないようになっていたため情報がありません…(店舗の周りを探してみたんですがね。笑)

店舗情報

【場所】〒616-8366 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺今堀町7
※駐車場はないため、近隣のパーキングに駐車する必要があります
【営業時間】10:00〜19:00
【定休日】毎月第3水曜日 ※不定休有
【お問い合わせ先】TEL:075-366-8954 / FAX:075-366-8974


以上、最後までお読みいただきありがとうございました。
次回は宿泊したホテル「清水小路 坂の上ホテル京都」についてのレポートをお送りします!

にほんブログ村のランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村